伝統的産業を活かす

2019年12月08日

2019.11.27/11.28



全国一の生産地を誇る多治見笠原地区の美濃焼タイル。
そのタイルの産業と歴史を紹介する多治見市モザイクミュージアムの2F産業
フロアがこの春リニューアルオープンしました。

実は昨年の夏から4人のインテリアデザイナーのメンバーとして、このリニュー
アル計画に携わってきました。
先日、遅ればせながら建築関連の方々をお招きして内覧説明会を企画開催させ
ていただき、地元協賛企業の方々との交流も賑やかに行われました。

今回のリニューアルにより、4人のインテリアデザイナーの“タイルを使った生活
空間の提案
”を体感できる展示フロアとなりました。
これから新築・リフォームを計画をされているなど、魅力あるタイルの取り入れ
方の参考にしていただければと思っています。




当日の様子などこちらで紹介しております。



一覧に戻る